環境
パフォーマンスデータ

わたしたちの事業活動を通じた環境貢献・環境負荷について掲載しています。数値はいずれも2019年度実績を示しています。

環境パフォーマンスデータ

INPUT(2019年度実績)

各種エネルギー

電力 4,999万kWh/年
重油 762kL/年
灯油 468kL/年
軽油 3,350kL/年
ガソリン 972kL/年
都市ガス 306万㎥/年
LPG 15t/年
479,820㎥/年
薬品等 17,024t/年

OUTPUT(2019年度実績)

廃棄物 23,227t/年
排水 272,902㎥/年
CO2 108,064t/年

CO2排出量

2015年度比

9%削減

グループ全体でエネルギー由来のCO2削減 マイナス26%を目指します。

<環境パフォーマンスデータの集計範囲>
本社、国内事業所・営業所・工場、グループ会社※、海外子会社※(集計期間4月-3月)
※2020年3月31日現在の連結子会社を対象とし、対象から外れた場合は遡ってデータを更新しています。
対象に加わる場合は、加わった年度からデータを追加しています。

OUTCOME(2019年度実績)

貴金属リサイクル量

〔貴金属リサイクル量 2019年度実績〕

合計

367t

限られた地球資源をより一層有効に活用するために、貴金属リサイクルをグローバルに拡大・推進します。

産業廃棄物適正処理量

合計

35.8万t

廃棄物処理のエキスパートとして廃棄物適正処理の拡大に努め、持続可能な循環型社会の実現に取り組みます。

貴金属リサイクルによる
CO2削減効果

貴金属リサイクルによるCO2削減効果は、当社グループでリサイクルした貴金属と、同量の貴金属を鉱山由来の原料から生産したと仮定した場合、どれほどの差があるのかを把握するためのものです。わたしたちは貴金属リサイクルの拡大を通して、CO2削減にも間接的に貢献してまいります。
(当社グループにおいて、どれだけのCO2が削減されたかを示すものではありません。)

貴金属リサイクルによるCO2削減効果

貴金属リサイクルによる環境貢献効果

森林の温室効果ガス
吸収量に換算すると

43,317ha
(琵琶湖の3分の2)に相当

出典:環境省 林野庁
「地球温暖化対策のための緑の吸収源対策」より算出

貴金属リサイクルによるCO2削減効果

削減効果
103.1t-CO2