理念とシンボルマーク

グループ理念

アサヒホールディングスグループは、わたしたちの信条、企業として大事にすること、社員として守ること、行動指針などを、グループ社員が共有すべき価値「アサヒウェイ」として定めています。取締役および経営幹部社員は、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目的とした「アサヒウェイ」を率先して実践します。

アサヒウェイ
"この手で守る自然と資源"

わたしたちの信条

わたしたちは、限りある資源を大切にし地球の環境を保全し人々の健康をサポートします。

わたしたちが
企業として大事にすること

ステークホルダーとの協調

株主・顧客・取引先・社員・地域社会・自然環境に配慮し、信頼が得られる活動を実践する。

攻めと守りのバランスがとれた
コーポレートガバナンス

意思決定の透明性を確保しリスクを適切に管理しながら成長戦略や事業改革を果敢に推進する。

利益なくして成長なし

企業グループ全体の成長と利益を通して長期的な株主価値の向上を実現する。

信頼されるコーポレートブランド

クリーンな企業グループであると広く認知され長く信頼されるブランドを維持する。

さまざまなリスクへの対応

職場の日常の安全性の確保や業務事故の防止を徹底し各種災害への備えを確立する。

社員のモラール向上

社員の仕事と生活全体との調和を重視し働く環境や労働条件を継続的に向上する。

強い使命感と高い倫理観

社員一人ひとりが仕事に誇りを持ち幹部社員は強い使命感と高い倫理観を持つ組織とする。

グッド・ピープル・カンパニーの継承

善なる社員を長期に亘って大事にする。
善なる社員とは、利己主義的ではなく自他の共栄と事業の発展を願う社員である。

わたしたちが社員として心がけること

革新と挑戦
安全最優先
高い品質の保持
素早い報告(特に悪い情報こそ早く報告)
信頼と絆

アサヒホールディングスグループ
10の規則

第一則
いかなる法令や規範にも違反しない

第二則
社会通念や自己の良心に反することを行なわない

第三則
年齢・性別・国籍・人種・宗教などに基づく差別を行なわない

第四則
業務に関連した場所で政治活動や宗教活動を行なわない

第五則
お客様に不誠実な対応をしない

第六則
取引先の決定において公平な競争や最適な選定を妨げない

第七則
業務上知りえた情報を外部に漏洩しない

第八則
個人的な利得につながる食事や贈答品を提供しないし受け取らない

第九則
個人や自ら所属する組織より全体最適を優先する

第十則
現場・現物・現実を重視する

シンボルマーク

アサヒホールディングス グループ
シンボルマーク

スパイラルをモチーフにしたシンボルマークは、事業特徴である「循環による環境保全」を追求していくという企業姿勢や、継続性、成長性を意味しています。また、上下に伸びる矢印は、先進的で躍動的な企業であることを表現しています。

アサヒホールディングス グループ シンボルマーク

各色に込めた思い

  • 「フレッシュブルー」は、清らかな水・空を象徴しています。そこには、金属資源の「リサイクル事業」を通じて、きれいな水・空を保ち続けたいとの思いが込められています。

  • 「エナジーレッド」は、人間が活動していく「エネルギー」を象徴しています。そこには、「エネルギー」溢れる人たちが力強く事業を推進し続けるという思いが込められています。

  • 「ナチュラルグリーン」は、美しい自然や森を象徴しています。そこには、「環境保全事業」で社会に貢献し、地球環境を守り続けるという思いが込められています。

わたしたちの強み

卓越した貴金属リサイクル・製錬技術や多種多様な廃棄物に対応するリサイクル技術など、業界をリードする「独自の技術力」と技術に裏付けされた高品質な製品やサービスを、国内のみならずアジア各地や北米などの様々な国と地域で展開し、変わりゆくニーズに対応する事業のグローバル化を推進しています。
常に変わり続ける世界情勢やビジネスニーズの変化に対応し、成長を追求する経営力と技術力に裏付けされた高いクオリティで信頼されるアサヒブランドを築いています。
限りある資源を大切にし、地球環境の保全を考え、革新と挑戦のマインドを持って、企業・グループの長期的な成長を実現させていきます。

価値創造を支える8つのファクター

  • 変化への対応力

    事業環境やライフサイクルに注視し、柔軟な発想と果敢な行動力、スピード感のある意思決定で、独創性のあるビジネスモデル構築や、衰退期の事業からの素早い撤退を進めてきました。この対応力によって、成長を維持し続けています。

  • 事業を再生する経営力

    過去20年間で、20社以上の会社をM&Aでグループに取り込み、経営改善を進めてきました。事業環境に合った柔軟な経営力によって、ほぼすべての会社でグループ入り前より業績を伸ばし、更なる業績向上を進めています。

  • 業界をリードする
    「独自の技術」

    高度な分析力と高い効率で貴金属を回収する技術、さまざまな産業廃棄物を適正に処理する技術、顧客のニーズを的確に捉えて商品開発を進める技術を誇ります。不断の研究開発により、各事業分野で"独自の技術"を磨き続けています。

  • 信頼される
    アサヒブランド

    当社グループの貴金属製品は、確かな品質が世界で高く評価されています。すべての事業において、クオリティの高い製品とサービスを提供し続けることで、信頼されるアサヒブランドを築いてまいります。

  • モラールの高い社員集団

    全社共通の価値観である"アサヒウェイ"を共有し"信頼と絆"を大切にし、"革新と挑戦"のマインドに満ちた従業員たちが成長を担ってきました。積極的に人材へ投資し、モラールの高い集団を形成し続けています。

  • グローバルに拡がる
    ネットワーク

    1994年マレーシアに現地法人を設立して以降、韓国・中国・台湾などアジア各地に進出しました。2015年には北米の精錬事業をM&Aにより取得し、対象顧客は世界各国に拡がっています。

  • ステークホルダーとの
    良好な関係

    投資家との対話を積極的に行い、顧客や取引先の声に耳を傾け、ガバナンスの強化、商品・サービスの開発に活かしています。従業員はもとより地域との信頼関係を大切にし、長期的な企業価値の向上に取り組んでいます。

  • 高いマーケットシェア

    顧客や取引先の皆さまに満足していただくことを第一に考え、製品・サービスを向上に努めてきました。幅広いニーズに応えることができる営業力・技術力はお客様からの信頼を獲得し、高いマーケットシェアを実現しています。