ページ内を移動するためのリンクです

中長期的な経営戦略

第7次中期経営計画(2015年度~2017年度)

第7次中期経営計画における基本方針

  1. 1.新事業分野による成長加速
  2. 2.既存事業の収益力強化
  3. 3.グローバル経営の推進

最終年度(2017年度)の営業利益額を、2014年度比で50%成長させる

2017年度「ROE13%以上」を、経営資源の選択と集中ならびに業務の効率化により達成する

2015年6月より、3名以上の社外取締役を含む監査等委員会設置会社へ移行し、コーポレートガバナンスを強化する

2016年度より、国際会計基準(IFRS)の任意適用を開始する

2017年度経営目標

連結売上高:
1,700億円 (修正後:1,200億円)
連結営業利益:
160億円 (修正後:137億円)

※2016年05月10日発表の「第7次中期経営計画の見直しに関するお知らせ」において最終年度の売上高と営業利益について見直しを行っております。また、2018年2月1日発表の「業績予想の修正に関するお知らせ」において2018年3月期通期の営業利益予想について見直しを行っております。

配当方針

当期純利益の30~35%を目処

  • なお、上記の経営目標は、現在入手可能な情報に基づき判断した見通しであり、実際の業績は見通しとは異なることがあります。

ページの終わりです