貴金属事業

現代のモノづくりに欠かせない貴金属をリサイクル・精錬し、資源の有効活用と産業の発展に貢献しています。

事業領域

貴金属リサイクルを支える
事業フィールド

  • Eスクラップ
    Eスクラップ
    • パラジウム
    パソコン、スマホや家電製品に使われている電子基板には、金・銀・パラジウムなどが含まれています。わたしたちは、使用済みの製品に含まれる電子基板や製造工程で排出される端材を回収し、粉砕・選別などのプロセスを経て、貴金属リサイクルを行っています。精確なサンプリング・高度な分析技術も強みです。
  • 精密洗浄
    精密洗浄
    • パラジウム
    • プラチナ
    電子部品や半導体の製造プロセスで使用される装置はその各部品を定期的に精密洗浄することで品質の確保に努めています。わたしたちは、お客さまからそれらの部品をお預かりし、部品に付着した貴金属の剥離・回収を行っています。回収された貴金属は材料としての返却も行っています。
  • 表面処理
    表面処理
    • パラジウム
    貴金属メッキによる表面処理は耐食性や電気伝導性に優れているため、工業分野から装飾分野にいたるまでさまざまな場面で行われています。わたしたちは、独自に開発した電解式貴金属回収装置を活用して、メッキ液等に残る貴金属を回収し、再資源化しています。お客さまのご要望によって貴金属化成品としての返却も行っています。
  • 触媒
    触媒
    • パラジウム
    • プラチナ
    • ロジウム
    自動車には排気ガス中の有害物を無害化するために触媒が取り付けられており、これら触媒にはパラジウムやプラチナなどの貴金属が使用されています。わたしたちは独自の技術により、自動車触媒、化学触媒などからの貴金属やレアメタルのリサイクルに取り組んでいます。
  • デンタル
    デンタル
    • パラジウム
    • プラチナ
    歯の治療にて使用されるクラウンやインレーなどの補綴物は金銀パラジウム合金が主流ですが、種類によりそれぞれの貴金属の含有率は異なります。それらを歯科医院や歯科技工所などのお客さまからお預かりし、リサイクルを行っています。回収・分析・報告まで一元管理する独自のシステムで、高い価値還元を実現しています。
  • 宝飾
    宝飾
    • パラジウム
    • プラチナ
    不要となった貴金属ジュエリーや装飾品、製造過程のあらゆる工程で発生する貴金属の加工くずを、買取業者や製造・加工業者より回収しリサイクルを行っています。精確な分析に加え、品質の高い貴金属製品を提供しています。製造・加工業者のお客さまへは原材料としての返却も行っています。

貴金属の回収・
リサイクルのフロー

回収先の事業フィールドにより異なる性状や混合物を伴ったリサイクル原料に対して、最も効率的な回収を可能とする貴金属の回収専用工場を日本ならびにアジアで展開しています。また、貴金属・レアメタルの種類に応じた最適な方法で効率よく精製する設備をフル活用し、お客さまのニーズに的確に応えています。

貴金属の回収・リサイクルのフロー

北米精錬事業

アサヒアメリカホールディングス傘下のAsahi Refining(USA、Canada、Florida)では、米国およびカナダにおいて鉱山由来の金・銀の精錬事業を行っており、世界トップレベルの精錬規模を誇ります。鉱山会社から入荷される金・銀の原材料は、日本国内やアジアで取り扱う原材料とは貴金属の含有率、不純物の成分、入荷量の規模が大きく異なります。それぞれの原材料に対応するため、北米では主に高温で溶かして貴金属を分離する乾式処理を採用しています。また、精錬事業をプラットフォームとした新たなサービスの開発にも努め、金融サービスや付加価値の高い製品などでお客さまの多様なニーズに応えています。

北米精錬事業

責任ある貴金属管理

当社グループが生産する貴金属製品を世界中のお客様に安心してご利用いただくために、OECDガイダンス・LBMAガイダンス・LPPMガイダンス等に準拠した管理体制を構築し、世界的な第三者機関による監査認証を取得しています。

      
認定証

また、アサヒプリテックは2019年7月に国内のリファイナーとして初めて、RJC(Responsible Jewellery Council:責任あるジュエリー協議会)のCOP認証(Code of Practices︓行動規範)を取得し、2021年7月にはCOC認証(Chain of Custody︓加工・流通過程管理)も取得しました。RJCは鉱山から小売りまで金やプラチナ、ダイアモンドなどを取り扱う宝飾業界の企業を対象とし、倫理的・社会的・環境面において責任のある行動を推進する非営利組織です。倫理、人権、社会、環境の各面における行動規範に加え、デューデリジェンスとトレーサビリティによる加工・流通過程管理についても、RJCの厳格な審査基準をクリアし、RJC COPおよびCOCの両認証を取得している国内で唯一のリファイナーとなりました。今後もRJCの行動規範を遵守した事業活動・取り組みを続け、金やプラチナ等の貴金属サプライチェーンの一員として責任を果たしてまいります。

Responsible Jewellery Council:責任あるジュエリー協議会

責任ある貴金属管理

アサヒプリテックは「責任ある貴金属管理方針」を制定し、貴金属サプライチェーンにおいて、紛争地域における人権侵害、マネーロンダリングや不正取引、テロリストへの資金供与を回避するため、LBMAやLPPM、RJCのガイダンスに準拠した「責任ある貴金属管理体制」を構築しております。また第三者機関による認証を取得し、定期的に監査を受けることで、管理体制の維持向上を図っております。
アサヒホールディングスグループのSDGs重点テーマの1つである「人・社会・環境にやさしい貴金属供給」に対応するため、人権や環境に配慮した貴金属製品として世界中のお客様に安心してご利用いただける「アサヒブランド」の構築と維持に努めております。

責任ある貴金属管理方針

https://www.asahipretec.com/responsible-sourcing/

事業を通じた社会的課題の解決

貴金属事業を取り巻く社会的課題

  • 貴金属資源の枯渇

    採掘時の環境破壊
  • 採掘に関わる人権問題、労働問題

    マネーロンダリング、テロ資金供与リスク など

SDGs貢献

  • つくる責任 つかう責任

    貴金属リサイクルにより消費を生産に変換し、廃棄物ではなく貴金属資源に再生

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

    高効率・高品質な貴金属リサイクル技術の更なる向上を通して、産業の持続可能性向上に貢献

  • 陸の豊かさも守ろう

    採掘を伴わない貴金属リサイクルを拡大することにより、陸上生態系、森林などの陸上資源の保全に貢献

  • 平和と公正をすべての人に

    責任ある貴金属管理と透明性の高い調達により、平和で包摂的な社会を促進

  • 安全な水とトイレを世界中に

    有害物質流出を伴わない貴金属リサイクルで水利用の持続可能性に貢献

  • 働きがいも経済成長も

    紛争地域等の高リスク地域における人権侵害や児童労働等の根絶に寄与

  • 気候変動に具体的な対策を

    CO2排出の少ないリサイクル資源の供給で気候変動防止に寄与

  • パートナーシップで目標を達成しよう

    他社との協業により高いサステナビリティに貢献