ページ内を移動するためのリンクです

環境保全事業

事業領域

当社グループの取得ライセンス

廃棄物処理のエキスパートとして持続可能な循環型社会の実現に取り組んでいます。

私たちは各種廃棄物の無害化・適正処理を行い、地球環境問題の解決に貢献しています。アサヒプリテックおよびジャパンウェイスト傘下のグループ会社が長年それぞれの分野で培ってきた独自技術の提供を通して、お客様の多様なニーズにお応えします。

産業廃棄物収集運搬業許可 すべての都道府県・政令市
産業廃棄物処分業許可 13都道府県9政令市
特別管理産業廃棄物収集運搬業許可 すべての都道府県・政令市
特別管理産業廃棄物処分業許可 11都道府県8政令市
優良産廃処理業者認定* アサヒプリテック:すべての都道府県・政令市
ジャパンウェイスト:27都道府県3政令市
  • 2017年3月31日現在
  • 2011年4月に廃棄物処理法が改正され、優良産廃処理業者認定制度が創設されました。事業の実施に関する能力や実績など、より厳しい基準に適合する業者を都道府県・政令都市が認定する制度です。 グループ全体で、優良産廃業者認の取得を進め、お客様が安心して委託できる体制を整えています。

リサイクルを支える事業フィールド

さまざまな廃棄物のワンストップソリューションを提供します。

廃油・汚泥リサイクル

さまざまな廃油や廃液を分析結果をもとに最適な配合で混合、成分調整を行い、代替燃料としてリサイクルしています。また、汚泥や燃え殻などは成分や水分を調整し混練することでセメント原料としてリサイクルしています。
さらに受け入れ時と出荷時には徹底した分析を行い、マテリアルリサイクル品としての品質維持管理にも努めています。

廃木材リサイクル

建築物の解体現場などで発生する廃木材を破砕し、破砕後の木材チップをバイオマス発電燃料やパーティクルボード材料としてリサイクルしています。

耐火レンガリサイクル

ガラス製造炉の窯解体およびごみ焼却炉などの定期修繕工事で発生する廃耐火レンガは、精緻な分別を行い、耐火レンガや路盤材としての再利用を図るなどリサイクルを意識した処理を行っています。

ガラスリサイクル

ガラスメーカー、サッシメーカー、自治体などから板ガラス、ガラス瓶などを回収しています。
回収した板ガラスくず、ガラス瓶などは自社工場で選別破砕後、高品位のガラスカレットとして再生・販売しています。ガラスリサイクルを通じて、鉱物資源の枯渇防止や環境負荷低減を図っています。

有機性廃液・汚泥リサイクル

食品製造工場、レストランチェーンなどから排出される有機性廃液は、中和・脱水を行います。
ろ液は微生物処理で排除基準値未満まで浄化し、下水道放流しています。汚泥は、発酵・熟成プラントで堆肥化することにより農家の方々に有機リサイクル肥料として有効利用していただいています。

信頼を生み出すテクノロジー

独自の技術で新たな可能性を追求します。

卓越した技術でさまざまな処理を実現

特定有害廃酸・廃アルカリ・廃試薬処理

工場や事業所から排出される廃酸、廃アルカリや大学・民間企業の実験室や研究所で不要になった廃試薬は適正処理が必要です。これらの多品種にわたる廃棄物は、徹底した安全管理体制のもと当社グループが長年培ってきた技術を駆使し、各工場専用ラインで無害化処理をしています。また、当社グループの分類基準に沿って容器に分別保管し、収集運搬および保管時の異常反応発生防止措置を行っています。廃試薬瓶のラベルが剥れ、内容物が不明な廃試薬についても当社で分析し、適正処理のサポートを行います。

廃酸・廃アルカリ・汚泥の高速微生物処理

工場や事業所からの廃液については有害物質を取り除いた後、窒素・リンを含む場合でも、微生物処理等の独自技術によって排除基準値未満まで浄化し、下水道放流しています。特にエネルギー消費や二酸化炭素排出量は、他の処理方式との比較で低くなっています。また、廃液の中和・脱水後の汚泥は、非鉄金属や鉄鋼の原料として再利用されています。一部リサイクルできない汚泥は、埋立処分されます。

有害物のコンクリート固型化処理

焼却処理施設などから発生する燃え殻、煤塵、汚泥や有害物(ヒ素・鉛・クロム・セレン等の重金属類、ダイオキシン類等)を含む廃棄物の中にはリサイクルに適さないものがあります。このような廃棄物から有害物が溶出しないようにコンクリート固型化(不溶化)処理しています。強い酸性条件下でも有害物を自然界に溶出させない独自の設備と技術を有しています。

特別管理産業廃棄物への対応も可能な安全・衛生的な焼却処理

焼却処理設備は各機器の自動化による集中コントロールで省力化が図られています。また、医療系廃棄物は、専用の自動供給ラインで炉内に投入され、安全で衛生的に処理されます。固形状のものから液状の産業廃棄物まで、多種多様な廃棄物を効率よく確実に処理します。

事業を支える礎

幅広い分野で高付加価値サービスの提供に努め各分野に特化した処理技術で、多様化・高度化するお客様のニーズに迅速にお応えします。

産業廃棄物・特別管理産業廃棄物のほとんどの品目について収集運搬および中間処分の許可を取得し、適正かつ迅速に処理できる体制を構築しています。さらに、産業廃棄物の卓越した無害化処理技術とゼロエミッションの確立を進め、環境分野におけるグループ内ワンストップソリューションの実現をめざしています。

ページの終わりです