RECRUITING INFORMATION 2018

先輩に聞く

古堅 千絵

技術職 研究開発
2009年4月入社
理学研究科 地球惑星科学専攻修了

Q1

これまでの簡単な経歴は?

大学では、地球惑星科学を専攻し、火山(岩石)を分析し、どのようにマグマが生成されたのかなどを研究していました。その経歴を生かせる仕事、またリサイクルというジャンルに興味もあったことから、自然とアサヒホールディングスに惹かれました。
2009年研究開発職として入社。貴金属回収プロセスの効率化、お客様のご要望に対応する技術の開発、新規回収・精製手法の開発をおこなっています。

Q2

印象に残っている出来事は?

初めての仕事で、導入した手法を現場に評価していただけた時の喜びが印象に残っています。
現場で見込んだ通りの結果が出た時もそうでしたが、実際に現場の担当者が運用して「回収率が良くなった、管理が楽になった」と評価してくださったことが嬉しかったです。

Q3

いま仕事で挑戦していること、
これから挑戦したいこと。

「困難な課題もこの人なら何とかしてくれる」という信頼を得られるよう、またその期待に応えられるよう、精進しています。今後もより難しい課題にこたえられるよう、また仕事の幅も広げて挑戦していきたいと考えています。

Q4

当社で働く魅力は?

評価制度が一番の魅力だと思います。定期的に評価のフィードバックがあり、上司の期待や自分の目標に対する課題がクリアになります。上司に相談に乗ってもらえる環境も整っていると感じています。
ワークライフバランスに関しても、仕事に差し支えない範囲で勤怠の融通が利きますし、リフレッシュ休暇もきちんととれるので、自分の趣味などに充てる時間を大切にできていると思います。

Q5

マストアイテムは?

学生のころはPCの前で頭を抱えていることが多く電卓を必要としていなかったので、入社当初は先輩方がみな電卓を持ち歩いていることに驚きました。実験室、会議室、いつどこでもデータに基づいて話を進めていくスピード感に感動したものでした。

Q6

就職活動中の学生さんへ一言

ほとんど時間を研究に使っていて、しっかり就活に時間を割くことができなかったので、工夫した点としては、面接など大きな移動は固めるようにしていました。
就学、研究しながらの就職活動は大変だと思いますが、入社後楽しく仕事をできている自分をイメージして頑張ってください。